REAL SAKE GUIDE

某香料会社勤務の研究員だったコンキチがおくる、REALなSAKEの備忘録。

Sunday, May 16, 2010

NARUTODAI_鳴門鯛 純米霧造り生

-COMENT-
創業文化元年(1804年)。初めは「加美屋の酒」という酒銘だったものを、地元でとれる鳴門の鯛の旨さにあやかり現在の酒銘に改めた。本品は、超音波霧化分離技術によってハイコンテントのアルコール度を実現した、イノベーティブな一品に仕上がっています。
cf. 超音波霧化分離技術/ 強力な超音波を溶液に照射することで霧(ミスト)を発生させ,この霧を急速冷却することにより目的の物質を分離・濃縮する技術。溶液を薄い層にしておき,液下面から表面に向けて超音波を照射すると,霧が発生する。この超音波霧化は,非熱作用であることから,省エネルギーの観点から大きな潜在力を持っていると期待されている(see http://biohealth.jp/articles/ultras20050301.html)。
-RATING-★★★★★
-REVIEW-
アルコール度数25度の純米酒。柔らかい果実香とすっきりした舌触り。アルコール度数が高いためか通常の日本酒よりも舌にからみつかない。 焼酎likeなところもあるが、香味は芳醇でバランスが 良い。日本酒を超えた日本酒かもしれない。
-DATA-
分類(Grade)/ 純米(Junmai)
原料米(Rice variety used)/ 五百万石
精米歩合(Rice polishing ratio)/ 68%
アルコール分(Percentage of Alcohol)/ 25度
日本酒度(Sake meter value)/ +28.0
酸度(Acidity)/ 0.8
アミノ酸度(Amino acid degree)/ 0.5
酵母(Yeast)/
杜氏(Toji)/
仕込み水(Water)/
-COMPANY-
(株)本家松浦酒造場
http://www.shumurie.co.jp/main/


気に入っていただけたら、ポチッとお願いします(励みになります)↓

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home