REAL SAKE GUIDE

某香料会社勤務の研究員だったコンキチがおくる、REALなSAKEの備忘録。

Saturday, January 06, 2007

TOMINOHOUZAN_富乃宝山


-COMENT-
創業弘化2年(1845年)の伝統蔵。社長は新進気鋭の三十代で、ニューウェーブ系の芋焼酎を醸す。本品は、昨今の焼酎ブームを牽引した焼酎の一つ。多くの販売チャネルでプレミア価格で販売されているのが残念です。本品は100日貯蔵。8代目の若社長 西陽一郎氏が24歳のときに手がけたというから凄い!
-RATING-★★★★★
-REVIEW-
本蔵のトラディッショナル銘柄である「薩摩宝山」をbrush upしたような焼酎。 大吟醸級の香味と調和したバランスが素晴らしい。華やかで柔らかでアルコールの重さもさほど感じず、やさしく上品で膨らみのあるfruityな香味が Very good!!!。やや、EtOH臭が鼻につくか。(芋) 焼酎界に新風を吹き込む秀作です。コンキチはこれを呑んで、既存の芋焼酎の概念が壊されました。この作品は芋焼酎の破壊的イノベーションの結晶ですね。
-DATA-
原材料 (raw material)/ 国産芋(黄金千貫)・米麹(黄麹)
Alc./ 25%
-COMPANY-
西酒造(株)
http://www.nishi-shuzo.co.jp/

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home