REAL SAKE GUIDE

某香料会社勤務の研究員だったコンキチがおくる、REALなSAKEの備忘録。

Friday, June 16, 2006

HIOKIZAKURA_日置桜 特別純米酒


-COMENT-
創業は明治20年。蔵は因幡の白ウサギの古伝説の故郷-因幡の国の最北西部に位置します。「醸は農なり」と標榜し、原料米にこだわり、鳥取産の「玉栄」、兵庫県産の「山田錦」、地元契約有機栽培の「山田錦」、地元完全契約栽培の「強力」を主に、お酒によって使い分けているという。本品は日本名門酒会2002年秋の領布会の商品です。
-RATING-★★★★☆
-REVIEW-
酒銘は「冬、雪深い当地には、旧正月の頃満開となる桜の名木があり、春を待つ心に酒を酌み交わす意を込めて」命名されました。香りがかなり抑えられている淡麗旨辛口で舌の上を酒が転がるような感触にうっとりします。 finishに感じる爽やかで深みのある苦味がGOOD。
-DATA-
分類(Grade)/ 特別純米酒(Tokubetsu-Junmai)
原料米(Rice variety used)/ 山田錦
精米歩合(Rice polishing ratio)/ 65%
アルコール分/ 15.0-15.9度
日本酒度(Sake meter value)/ +7
酸度(Acidity)/ 2
酵母(Yeast)/ 協会9号
杜氏(Toji)/ 松崎英吉(出雲)
仕込み水(Water)/ 布施の清水
-COMPANY-
(有)山根酒造場
http://hiokizakura.jp/

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home